●あいさつ  ●中央アフリカとは  ●もっと知るには(リンク集) (準備中)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「『アフリカ大陸を行く』(NHK、1959-1960)をめぐって」
開催のお知らせ

アフリカ大陸を行く

中央アフリカについて考える会では、第5回企画として「『アフリカ大陸を行く』(NHK、1959-1960)をめぐって」を開催します。

日本で最初の本格的な海外取材番組『アフリカ大陸を行く』では、独立への希望と葛藤の間にあった
1959年から1960年のアフリカの国々の様子が放映されました。
その様子は、当時から半世紀後の今を生きる私たちに新鮮な驚きを与えてくれます。
貧困、エイズ、内乱、難民といった、現在の私たちが頻繁に見聞きするネガティブな言葉では語られない
アフリカの姿が映し出されているからです。

今回は、『アフリカ大陸を行く』で放送された当時の中央アフリカ共和国の様子を中心に、
半世紀前のアフリカの国々がテレビを通してどのように伝えられたのかということを紹介します。
なお、この企画は「中央アフリカ共和国の表象を再構築する:『海外取材番組 アフリカ大陸を行く』
(1959〜1960)」(2016年度第2回NHK番組アーカイブス学術利用トライアル 代表;内海博文)
の研究成果の中間報告でもあります。

当日は、当時の貴重な画像も公開いたします。みなさまのご参加、お待ちしております。


(日時) 2017年3月4日(土) 14時〜16時 ※開場13時半

(場所) 追手門学院大阪梅田サテライト   (阪急ターミナルビル16階)
    http://www.otemon.ac.jp/umeda/

(参加費) 無料・予約不要

(問い合わせ)
 ・メール:satoyukisan@yahoo.co.jp
  (櫛引祐希子・追手門学院大学国際教養学部講師)
   ・電話:09056573711(旅するYogiYogi・雑貨屋)

主催:中央アフリカについて考える会(代表/内海博文 追手門学院大学社会学部准教授)
   www.golf-baxter.com/yogiyogi/centrafrique/





第4回企画「なんでもない普通の生活が遠のいていく
-看護師が見た中央アフリカ-開催のお知らせ

第4回企画「なんでもない普通の生活が遠のいていく-看護師が見た中央アフリカ-のお知らせ
<<フライヤーの拡大(pdf版)

中央アフリカについて考える会 第4回企画
「なんでもない普通の生活が遠のいていく-看護師が見た中央アフリカ-

看護師であり助産師でもある岡部紀代子さんが、内戦の終わりが見えない中央アフリカ共和国の現状をお話くださいます。

(日時) 2016年1月30日(土) 13時半〜15時(開場13時)

(場所) 追手門学院大阪梅田サテライト
   (阪急ターミナルビル16階) 
     http://www.otemon.ac.jp/umeda/
(話し手)
岡部紀代子さん
看護師・助産師として、東京の病院の産婦人科、小児科、外科などに勤務。
その後、2年ほど日本を離れ、イギリスとインドでボランティア活動を体験。
帰国後、大学院で国際看護学を専攻し、JICAのシニアボランティアとしてエクアドルへ赴任(2年間)。
現在、東京で訪問看護にたずさわる。 (参加費) 無料 予約不要

(予約 & 問い合わせ)
  ・メール:satoyukisan@yahoo.co.jp
(櫛引祐希子・追手門学院大学国際教養学部講師)   ・電話:072-657-9800(YogiYogi 茨木市の春日商店街にある雑貨屋)

主催:中央アフリカについて考える会(代表/内海博文 追手門学院大学社会学部准教授)
     www.golf-baxter.com/yogiyogi/centrafrique/





◆「それでも、わたしは恋してる ―写真で伝える中央アフリカ―」
    開催のお知らせ

第3回 考える会
<<フライヤーの拡大(pdf版)

中央アフリカについて考える会・第3回企画
「それでも、わたしは恋してる ―写真で伝える中央アフリカ―」を
開催します。

(日時) 2015年 5月30日 (土) 14:00〜16:00

(場所) YogiYogi(茨木市春日1丁目12-7、JR茨木近くの春日商店街にある雑貨屋です。
     http://www.golf-baxter.com/yogiyogi/yogiyogi.html
(話し手)
生田沙世さん
看護士。現在、宝塚市立病院務。赤十字奉仕団に所属し、国内外のボランティア活動に参加。
阪神淡路大震災と東日本大震災の被災者支援もおこなう。絵本の読み聞かせのボランティア活動にも携わる。
三児の母。2006年に中央アフリカ共和国に滞在。

(内容) 生田さんが写真を通して中央アフリカでの思い出を語ってくださいます。

(参加費) 無料 ※ ただし事前の予約をお願いします。

(予約 & 問い合わせ)
  ・メール:satoyukisan@yahoo.co.jp
(櫛引祐希子・追手門学院大学国際教養学部講師)   ・電話:072-657-9800(YogiYogi)

主催:中央アフリカについて考える会(代表:内海博文)
    www.golf-baxter.com/yogiyogi/centrafrique/





◆ 2014年度活動報告

2014活動報告
2014年度活動報告 と 2015活動予定など>>




◆ 農業プロジェクトのお知らせ
  「内戦後の中央アフリカにて、栄養失調児の母達に農業での自立を!」

「中央アフリカについて考える会」を設立するきっかけになったのが、
徳永瑞子さんが代表をつとめる「アフリカ友の会」の存在です。「アフリカ友の会」は20年以上にわたって、
中央アフリカ共和国の首都バンギで栄養失調児やエイズ患者の支援を行ってきました。

アフリカ友の会では、現在、「内戦後の中央アフリカにて、栄養失調児の母達に農業での自立を!」として、
新たに農業プロジェクトを行おうとしています。2012年末からの内戦により貧困の悪化した中央アフリカ共和国で、
農地を借り上げ、栄養失調児の母親に提供することで、母親が農業で自立し、
子どもを食べさせ学校に行かせることが出来るよう目指すプロジェクトです。

このプロジェクトのために、アフリカ友の会では、資金(支援金)を集めています。支援金は、土地の借り上げ、
開墾農工具などの購入費などに当てられます。2015年1月15日までに、目標金額の143万円が集まった場合、
プロジェクトは実行されます。以下のサイトに、プロジェクトの詳細が掲載されています。
よければ、どうぞご覧下さい。

「内戦後の中央アフリカにて、栄養失調児の母達に農業での自立を!」
https://readyfor.jp/projects/tomonokai

農業プロジェクト 農業プロジェクト






◆ 第2回企画「現地の声に耳をすませて:国際看護ってなに?」
  開催のお知らせ

中央アフリカについて考える会・第2回企画
「現地の声に耳をすませて:国際看護ってなに?」をこの秋開催することになりました。

(日時・場所)
  日時:2014年10月12日(日) 13:30-16:00(参加無料・予約不要)
  場所:カトリック高槻教会「右近会館大ホール」
  高槻市野見町2?26(http://www.catholic-takatsuki.jp/index.html)

(主旨)
  看護師や助産師として、国際看護といわれる活動にたずさわっている人たちがいます。
  海外や日本国内で、異なる言語や文化をもった人に対しておこなう看護活動のことです。

  今回は、中央アフリカ共和国で看護活動を経験した方々をお招きし、国際看護について、
  それぞれの経験や考えをお話していただきます。国際看護について多くの人が一緒に考えていく
  ちょっとした機会になれば、と思います。

(パネリスト:五十音順)
  岡部紀代子さん(看護師, 訪問看護ステーション千代田)
  加藤章子さん(助産師, 東京医療保健大学東が丘・立川看護学部)
  河野小夜子さん(助産師, 聖母看護学校)
  高塚綾子さん(看護師, 東京慈恵会医科大学医学部看護学科)

(予定)
  パネリストによるトーク、参加者からの質問

(問い合わせ)
  メール:yukushib@otemon.ac.jp(櫛引祐希子・追手門学院大学国際教養学部講師)
  電話:06-6210-4008(YogiYogi、吹田の雑貨屋です。「国際看護トークイベントの件」とお尋ね下さい。)

(主催・共催)
  主催:中央アフリカについて考える会(代表:内海博文)
     www.golf-baxter.com/yogiyogi/centrafrique/
  共催:社会活動委員会(カトリック高槻教会 )

      第2回・国際看護企画フライヤー>> 報告会チラシ




● 中央アフリカ関連のイベント案内

中央アフリカのエコバッグとエプロンドレス等を販売している大阪の雑貨屋YogiYogiで、
現在、手作り絵本のイベントが開催されています。子どもから大人まで、
たくさんの人が手作り絵本を出展するイベントです。そのなかで、今回、中央アフリカ関連の企画が
いくつか行われることになりました。よければ、ぜひのぞいてみてください。

絵本村12

「YogiYogiの小さな小さな絵本村12」
 会期:2014年9月7日(日)〜29日(月) 11時〜18時
   (休み:9/9(火)、14(日)、18(木)、24(水) 、28(日))

中央アフリカ関連企画

 ★ オリジナル手作り詩画集「 1+1+1・・・のキモチ〜すべての子どもと大人たちへ 〜」
   YogiYogi × 徳永瑞子(助産師・NGOアフリカ友の会代表)

  「YogiYogiに集う大学生と社会学者と作家達10名が、徳永瑞子さんの紡ぐ詩をもとに絵を描くコラボ企画です。
  出来上がった作品を手作り詩画集にまとめ原画と共に展示します。」

 ※ 原画の販売も行っています。売値の10%がアフリカ友の会への寄付になります。
 ※ ※手作り詩画集の仮予約を受付ています。収益の一部がアフリカ友の会への寄付になります。
 ※ 徳永さん関連書籍の展示販売もあります。

 画:石田悦子・いしいまゆみ・内海博文・かわばたあきこ・たかいたかこ・つづみさおり・
   舟津喬子・まえださくら・MARIWO・村田美菜子  詩:徳永瑞子 (初参加)
 略歴:1948年福岡生まれ、看護師、助産師、1993年より中央アフリカ共和国で
 エイズ患者やエイズ孤児、栄養失調児の支援を行っている。

★ 聴く、想像するvol.5 <中央アフリカ×社会学>
  フォトエッセー「République centrafricaine」

  内海博文(追手門学院大学社会学部講師)

  「ある社会学者がアフリカのど真ん中に行ってから、やがてYogiYogiの絵本村で
  中央アフリカ特集が組まれるまでの、短いけれども少し入り組んだ経緯について。」

★ 中央アフリカ関連トーク企画
 「教えて徳永さん!おまけに内海さん!」 9/28(日) 14時〜16時
 ※ 詳細および申込みは@絵本村会場で
 ※ 要前日27日迄の事前予約
 ※ 参加費はワンコイン500円。ドリンクや会場費等の経費を差し引いた金額を、
  アフリカ友の会に寄付する形になります。
 ※ 当日の会場はYogiYogiから徒歩5分強の集会所になります。

その他にも、いろんな楽しい企画が満載です。以下のYogiYogiのサイトをぜひご覧ください。
http://www.golf-baxter.com/yogiyogi/ehon/ehonc-a.html

YogiYogiへのアクセスは>>:http://www.golf-baxter.com/yogiyogi/yogimap.html
YogiYogiの営業カレンダーは>>:http://www.golf-baxter.com/yogiyogi/calender/






◆ 徳永瑞子さんがNHKの「国際報道2014」に出演されます。

5/17開催の「中央アフリカからの緊急報告」でお話しくださる
徳永瑞子さん( NPOアフリカ友の会・上智大学教授 )が、
5/1(木)NHK BS1のニュース番組「国際報道2014」22:00〜22:50に出演されます。

 http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/




◆ 「中央アフリカからの緊急報告会」開催のお知らせ

   【子どもたちに食べさせてあげたい】〜中央アフリカからの緊急報告〜

● 報告者:徳永瑞子〈NGOアフリカ友の会・上智大学教授〉
 20代からザイールやエチオピア、中央アフリカなどで、助産師・看護師として医療活動に従事。
 1991年に「NPOアフリカ友の会」を設立し、1993年より中央アフリカ共和国にてエイズ支援活動を開始。
 2004年には「情熱大陸」にも出演。『これは本当のアフリカのお話です』(青海社)や『国際看護学』
 (クオリティケア)など著書多数。

 〜2013年にクーデターが勃発。その後、終わりの見えない内戦が続きました。今年、約1年4か月ぶりに
 中央アフリカを訪れた私の目の前には、広大な避難民キャンプが広がっていました。厳しい現実を
 突き付けられた思いでした。今回、内戦後の中央アフリカについて初めて関西で報告します。〜(徳永瑞子)

  緊急報告会フライヤー(pdf)>>

● 開催日時:2014年5月17日(土) 13:30-16:00

● 場所:阪急ターミナルビル16階 追手門学院 大阪梅田サテライト セミナールーム  
 http://www.otemon.ac.jp/umeda/


 ※16階には高層用エレベーターをご利用ください。
 ※場所がわからない方は、13:15に阪急梅田ビッグマン(紀伊國屋書店の入口の大型ビジョン)前に
  お集まりください。ご案内します。

● 参加無料・予約不要

● 予定:
 ・内戦後の中央アフリカの現状を撮影したビデオ上映
 ・徳永瑞子さんによる報告
  ※当日は、徳永さんと中央アフリカについて話す時間をたっぷり用意しています。

● 問い合わせ:
 メール:yukushib@res.otemon.ac.jp(櫛引祐希子・追手門学院大学国際教養学部講師)
 電話:06-6210-4008(YogiYogi、吹田の雑貨屋。「中央アフリカの件」とお問い合わせください。




◆ あいさつ